Illustrator|画面表示「プレビュー」と「アウトライン」の切り替えは、表示 → プレビュー/アウトライン(⌘+Y)で

Adobe初心者の後輩からよく「Illustratorの作業画面で細い線だけの表示になってしまい、どうして良いか分からない」と聞かれます。|画面表示「プレビュー」と「アウトライン」の2種類のモードの切り替えは、表示→プレビュー/アウトライン(⌘+Y)で切り替えましょう。

トーン

基本的な配色から、トーンを意識したちょい応用編まで(その1)

色相環やトーンを頭に思い浮かべられるようになると、案外簡単にカラーコーディネートが考えられるかもしれません。基本的な配色を、色相環の位置で理解できるようになったら、次はトーンの概念を導入してみましょう。

適性露出と露出補正

イイ感じの写真を撮るテクニック「白いものを撮ったのにグレーになるよ?」→ 適性露出と露出補正が分かると、白いものを白く、黒いものを黒く撮影できる

カメラの自動露出調整機能は、写っている画面全体の平均の明るさを18%のグレーに近づくように露出を調整しています。「露出補正」機能を使って、白いものが白く、黒いものが黒く写るようにしてみましょう。

レンズの圧縮効果

イイ感じの写真を撮るテクニック|ズーム機能を使うと「レンズの圧縮効果」で「スカスカ」を「ギュウギュウ」に表現できるよ!

映画などで、主人公が人ごみの中を歩くシーンや、大軍が向かってくるシーンなどを観たことがあると思いますが、ぶつかりそうにギュウギュウになって、撮影も大変だろうなあと思いますよね。もちろん沢山のエキストラを使って大変な撮影だと思いますが、実はちょっとした工夫で、よりギュウギュウ感を出す事ができるんです。

絞りとシャッタースピード

イイ感じの写真を撮るテクニック「絞りとシャッタースピード」が分かると何がいいの?

デジカメ撮影テクニック、第2弾は「絞りとシャッタースピード」です。なんとなく分かっているつもりですが、実際どういう場面で使えばいいのか、っていうか、すっかり忘れて全部オートで撮っちゃたりしてたりして…では、それぞれのモードでどんな違いを出せるのか見てみましょう。

イイ感じの写真を撮るテクニック「被写界深度」

イイ感じの写真を撮るテクニック「被写界深度(ひしゃかい・しんど)」って?

デジタル一眼レフで撮ると、なんかイイ感じに撮れますよね。でもどうしてイイ感じになるんでしょう。被写界深度(ひしゃかい・しんど)をコントロールして、撮りたいものにピントが合っていて、背景がボケている写真の取り方を勉強してみましょう。