フィードバック制御とは

スライド抵抗を使って、micro:bitでDCモーターを制御する(2)送りネジとフィードバック制御

micro:bitでDCモーターを回転させて、任意の位置へ正確に移動させるような制御をするにはどうしたらいいでしょうか。送りネジ機構とスライド抵抗を使って、フィードバック制御をやってみました。

micro:bit用スライドボリューム(コネクタータイプ)

スライド抵抗を使って、micro:bitでDCモーターを制御する(1)スライド抵抗の接続

micro:bitにスライドボリューム を接続し、その抵抗値を使ってDCモーターを制御してみようと思います。まずはmicro:bitとスライドボリュームを接続して、値を取得してみましょう。

micro:bitとスライド抵抗でサーボモータを動かしてみよう

micro:bitとスライド抵抗でサーボモーターを操作してみよう

スライド抵抗(スライドボリューム、すべり抵抗器)とは、抵抗値を変えられる「可変抵抗器」の1種で、つまみを左右にスライドさせることで端子間の抵抗値を変えることができます。今回はこの値を使って、micro:bitでサーボモーターの角度をコントロールします。

micro:bitでサーボが動かない

micro:bitでサーボモーターが動かない…グランド(GND)てなに?

micro:bitのシミューレータでは、サーボモーターを直接つないで動かせるようになっていますが、実際につないでみるとモーターが動かないことがあります。micro:bitからは3vの電力を供給できますが、たとえば4.5-6vと書かれているサーボモーターの場合は電力が足りないため、電池などをつないで使用する必要があります。

開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-

会期終了まであとわずか!「開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-」西宮市大谷記念美術館で開催中!

バウハウスは、1919年にドイツに開校した、世界最初のデザインの学校です。この展覧会は、彼らがバウハウスでどんな授業をして、どんな課題を出していて、学生はどんな作品を作っていたのかを一望できる充実した内容です。

国立民族学博物館 特別展「#驚異と怪異-想像界の生きものたち」

見えない力を信じるのは昔の人だけ?キャラクターデザインやファンタジーに興味のある人は必見 #みんぱく 特別展 #驚異と怪異-想像界の生きものたち

大阪府吹田市の万博記念公園にある国立民族学博物館(みんぱく)で開催されている、特別展「驚異と怪異-想像界の生きものたち」にゼミのみんなで見学に行ってきました。ゲームのキャラクターデザインやファンタジーの世界に興味のある人は必見です。