techseeker2024
ゼミの活動

TechSeekerハッカソン2024に参加しました


デジタルものづくりのイベント「TechSeekerハッカソン」にゼミ生が参加しました。

TechSeekerハッカソン

テクノロジー関連のイノベーションを楽しみながら創出するために、同じ目的意識を持つ方が集まって、電子工作技術や、プログラミング技術などを活用して約1カ月間で集中的に開発を行うデジタルものづくりイベント「TechSeeker(=テクノロジーを探求する人)」が今年も開催!
今年のテーマは
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━
  👦子どもの生活をハックしよう
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━
参加者が”子ども”をテーマに、遊び、学び、未来社会について考え、ハックして実装します!
成果物は 7月6日-7日開催のTechSeeker Collection(展示会)で一般来場者向けにも 展示・PRできる機会も用意する、コミュニケーション重視のコンテストです。
本ハッカソンを通じて 新しい仲間と出会い、ものづくりの楽しさを堪能しよう。
TechSeekerハッカソンイベントサイト

techseeker2024

ゼミで「子どもの生活って?」「ハックって?」とアイデアを出し合いました。

techseeker2024

子供の生活を俯瞰してみると、いろいろな切り口が出てきます。

techseeker2024

イベント2日目は、同じチームになった京都産業大学の学生さんたちと、日本橋のシリコンハウスに買い出しに出かけ、SONYのIoT用ボードコンピューター「SPRESENSE」の拡張ボードやセンサーを買いました。

techseeker2024

戻ったら早速ハッカソン開始!アイデアを出しつつトライアンドエラー。

techseeker2024

kuralabは、フロントエンド担当ということで、UIの設計や画面遷移のアイデアを出して、まずはプロトタイプを作りました。
いきなりデザインや実装をするのではなく、動く状態を素早く作成してメンバーと共有し、問題を発見して修正できるのがプロトタイピングのメリットです。
2024年7月6日(土)7日(日)に開催されるTechSeekerCollectionにて、作品発表予定です。お楽しみに!

techseeker2024

P.S. 今年もTシャツデザインでお手伝いさせて頂きました〜!