レンズの圧縮効果

イイ感じの写真を撮るテクニック「レンズの圧縮効果」を使って「スカスカ」を「ギュウギュウ」に表現してみよう


さてこの2つの写真、実は同じ新幹線なんですよ!
どうしてこんなに見え方が違うんでしょうか。

映画などで、主人公が人ごみの中を歩くシーンや、
大軍が向かってくるシーンなどを観たことがあると思いますが、
ぶつかりそうにギュウギュウになって、
撮影も大変だろうなあと思いますよね。

もちろん沢山のエキストラを使って大変な撮影だと思いますが、
実はちょっとした工夫で、よりギュウギュウ感を出す事ができるんです。

ヒントは「ズーム」

レンズの圧縮効果とは、
望遠レンズでは、広角レンズや標準レンズに比べて、
背景が被写体の近くに(大きく)写ることをいいます。

画角(見える範囲)が狭いため、
遠くのものでも一部分しか写すことができないので、
結果として背景が近づいたように見え
遠くのものでも近くまで行ったかのように見せる効果もあります。

レンズの圧縮効果

前回学んだ「被写界深度」の効果を加えると、
混雑した雑踏の中で、主人公にだけピントを合わせるということができます。

レンズの圧縮効果レンズの圧縮効果

逆に広角レンズでは背景が遠くに写るので、
物体同士の間隔が広がってスカスカに見えます。

レンズの圧縮効果

大学の教室でも試してみました。
同じ並べ方でも、ズームの使い方でこんなに違いが出るんですね。

レンズの圧縮効果レンズの圧縮効果

まとめ

近づいてワイドで → スカスカ
遠くからズームで → ギュウギュウ

それを応用したのが、このページの一番トップの新幹線の写真でした。
撮影位置とズームを変えると、こんなに見え方が変わるんです!

レンズの圧縮効果

もうお分かりですね?
左は「近づいてワイドで」、
右は「遠くからズームで」です。

ぜひ試してみてくださいね〜!


Comments are closed.