デザインで問題を解決しよう|デザインでゴミの分別をしやすくしよう

デジタルゲーム学科の「プロジェクト実習」は、様々なテーマについて制作を行う1回生向けの授業です。
今年も「デザインで問題を解決しよう」というテーマで、学内環境の観察を通して、期間内に新しい価値を創造して提案することを目的とした活動(=プロジェクト)を行いました。

ピクトグラム制作

どうしたら立って用を足す時に便座を上げてもらえるのか – 外国人観光客向けピクトグラムを考える

SORA-AMA HOSTELさんから依頼をいただいた、外国人向けのトイレの注意書き「立って用を足す時は便座を上げてください」と伝えるピクトグラムをゼミのみんなで考えました。

トイレの「呼び出し」と「流す」ボタンの押し間違いを防ぐ

なぜトイレの「流す」と「呼出し」のボタンを押し間違えてしまうのでしょうか?

今回は大学の多目的トイレのボタンに注目。時々「流す」ボタンと「呼び出し」ボタンを押し間違えてしまってアラームが鳴っていることがありますが、なぜ押し間違えてしまうのでしょうか?

SORA-AMA_HOSTEL

初めて日本の暮らしを体験する外国人観光客にもひと目で伝わる案内を!

kuralab.でロゴデザインをさせていただいた高山市の外国人向け宿泊施設「SORA-AMA HOSTEL」さんで、館内ピクトグラムのデザインをさせていただくことになりました。初めて日本の暮らしを体験する外国人観光客の方にもひと目で伝わる案内を提案ようと思います!

ピクトグラム試作品

外国人観光客に「温泉の入り方」を伝えるにはどうしたらいいの?その9

ローランドカッティングマシンSTIKA 8インチ SV-8でカッティングシートを切り抜いて試作品を作成しました。今後は、この試作品と設置案を実際に温泉旅館の方々に見てもらおうと思っています。いつか使ってもらえるといいな〜〜〜〜〜。

温泉マナー手ぬぐい

外国人観光客に「温泉の入り方」を伝えるにはどうしたらいいの?その8

日本の温泉マナーを知ってもらうためのグッズも考えてみました!温泉マナーの普及につながることも期待できるのではないでしょうか〜。