レーザー用ポリエチレンフォームラバー

身近な草木をモチーフにしたシームレスパターン制作その2「ヤマモモ」

大阪電気通信大学四條畷キャンパスで見かける植物を図案化した版画作品を制作しています。ウィリアム・モリスのパターンに倣って、継ぎ目のない繰り返しの柄(シームレスパターン)を考えました。

レーザー用ポリエチレンフォームラバー

ポリエチレンフォームラバーをレーザー彫刻して版画を刷ってみました

版画用のゴム版をレーザー彫刻するにあたり、色々なゴムシートを試してみたところ、ポリエチレンフォームラバーが扱いやすかったので、これを使って版画を印刷してみました。

レーザー加工用ポリエチレンフォームラバー

レーザー彫刻に向いてるゴム系素材って?いろいろ比較してみました

版画用のゴム版をレーザー彫刻する際、刷りやすさはもちろんのこと、粉塵や匂い、加工カスなど、加工時の取り扱いやすさも大事なポイントです。そこでゴム系の素材をいろいろ試して比較してみました。

アケビ

身近な草木をモチーフにしたシームレスパターン制作その1「アケビ」

今年度の卒業制作で、キャンパスにある植物を図案化した版画作品を制作してみようと思っています。キャンパス内の草木を観察・スケッチして、ウィリアム・モリスのテキスタイルを参考にシームレスパターンを考えてみました。

トイレの「呼び出し」と「流す」ボタンの押し間違いを防ぐ

見やすい、分かりやすい「デザインの質」って何だろう

大学の自習室のドアに貼ってある表示がずっと気になっていました。背景と文字のコントラストも高いですし、読めない訳ではないのでダメではありませんが…もう少しなんとかならないかと、新しいデザインを提案しました。

AND softdevice プロトタイピングのすがた

「AND softdevice プロトタイピングのすがた」に行ってきました

京都北山にある株式会社softdeviceに2018年4月にオープンしたLABスペースで開催された「プロトタイピングのすがた」で、softdevice代表八田晃氏、1-10drive CTO 森岡東洋志氏、IAMAS 小林茂教授のお話を聴いてきました。