micro:bitとスライド抵抗でサーボモータを動かしてみよう
micro:bitとスライド抵抗でサーボモーターを操作してみよう

スライド抵抗(スライドボリューム、すべり抵抗器)とは、抵抗値を変えられる「可変抵抗器」の1種で、つまみを左右にスライドさせることで端子間の抵抗値を変えることができます。今回はこの値を使って、micro:bitでサーボモーターの角度をコントロールします。

もっと読む →
micro:bitでサーボが動かない
micro:bitでサーボモーターが動かない…グランド(GND)てなに?

micro:bitのシミューレータでは、サーボモーターを直接つないで動かせるようになっていますが、実際につないでみるとモーターが動かないことがあります。micro:bitからは3vの電力を供給できますが、たとえば4.5-6vと書かれているサーボモーターの場合は電力が足りないため、電池などをつないで使用する必要があります。

もっと読む →
YOUR CODE HERE