2012年度kuralab.卒業生の先輩が研究室に遊びに来てくれました(*´∀`)


こんにちは4年生の藤本です(´、ゝ`)

先日は福山先輩が研究室に遊びに来てくれました!
就活への気持ちも不安な毎日をすごしていましたが就職に対して
どういうことに不安を持っているのか話を聞いてもらったり、
先輩はどんなふうに就活と向き合っていたのかという話を聞かせて頂きました。

先輩は入社してから間もなく次々と仕事が回ってきて
戸惑いがあったと言っていました。

自分の作ったものがすぐにチラシという形になって、
多くの人に見られることを初めて実感して、
これでいいのか?という気持ちもあったけれど、
仕事をするにあたって広告が作られていく過程を身を持って知ると、
身近にあるチラシがどれだけの人と時間を費やして
一枚のものになっているかを感じて
最近はよくチラシを見つめるようになったとも言っていました。
先輩の作ったチラシを見かけたらじっくり見たいなぁ…!

どんな人のいる職場に就くかは会社に入ってしか分からず
運もあると思いますが、いい人に恵まれて、いい雰囲気の中で仕事をすることは
仕事を続けるモチベーションの維持に繋がると聞き
“会社の雰囲気を見ておく”ということは大切だと思いました。

説明会に行って、会社のいい部分だけの話を聞いて
うんうんと頷いているだけではなく
社員さんの様子などを観察したりすることも
就活において大事なことですね。

勿論、会社に入ってから自分がどう動いていくか、
どんな努力をしていくかでも
自分の周りに良い先輩や上司を呼ぶ、
ということに繋がるとも思います。

先輩は忙しく仕事をしていく上で、
人との関係も大切にしているからこそ
仕事も楽しくしていけているのではないかと思いました。

そして、とにかく就職!
ということを考えて就活を続けるということをするより
自分が本当にしたい仕事は何なのか、
的を絞って取り組まないといけないと教わりました。

生の新社会人のお話を聞くことで、
一方的な未知の仕事への不安感などがありましたが
早く素敵な職場を見つけて仕事をしたいという楽しみや期待を抱くことが出来、
先輩にお話を聞いてもらえてよかったです。

また先輩が研究室に遊びに来てくれる日を楽しみにしつつ、
就活を続けていきたいと思います。
+。:.゜ヽ(。´,_ゝ`。)ノ゜.:。+゜


コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.