レーザー加工機EpilogZing30

レーザー加工機でカットした時のあのヤニ付着をどうするか問題!


以前制作した「kuralab.名画シリーズ」のピンバッジとマグネット
レーザー彫刻までは良かったのですが、
カットするとどうしても周りにヤニがついてしまう問題
解決できていませんでした。

カットする時に出る煙の色が、
排気ファンの空気の流れる方向に付着してしまうのです。

レーザー加工機EpilogZing30
そこで!Epilogのレーザー加工機Zing30wを使って再挑戦!
サポートの方のアドバイスで、
マスキングテープを貼ってカットすることにしました。

レーザー加工機EpilogZing30
最初からマスキングテープを貼ってしまうと、
カット後に細かい部分に分断されたテープを剥がすのが大変だろうということで
彫刻は先にしておいて、その上にマスキングテープを貼りました。

新ゼミ生の3回生伊藤ちゃん登場です!

レーザー加工機EpilogZing30
データはCorelDrawで線や塗りの設定を編集し、
Epilogの印刷環境設定で、スピードとパワーを設定します。

レーザー加工機EpilogZing30
カット終了!

ほら、ね、切断した線の周りにヤニが着いてるでしょう?

レーザー加工機EpilogZing30
さあ、伊藤ちゃん、剥がしてください!

レーザー加工機EpilogZing30
さあ、結果は???

左が以前のもの、右が今回の成果です!

にゃたー\(^o^)/ヤニ問題解決しました!!

レーザー加工機EpilogZing30


Comments are closed.