シルクスクリーン印刷 初挑戦 !!!


はじめまして!kuralab.4回生のオオハシです!

前回お伝えしたシルクスクリーン印刷についてレポートします。
活躍してくれる機械は「Tシャツくん」です☆

kuralab.では印刷とデザインについて学んでいます。
Tシャツのグラフィックには、広告媒体としての力があります。
そこで、kuralab.の顔Tシャツを作ることで、私たちの活動をより多くの方々に
知ってもらい、興味を持ってほしいと思っています。

先日のkuralab.Tシャツコンペで1位に選ばれた作品!
辻ちゃんの「真珠の耳飾りの少女とkuralab.のコラボ」Tシャツを
シルクスクリーンで印刷します!!!

genga
去年の電子キャラクターTシャツの時は、
印刷を業者さんに頼みました。しかし今回は私たちの手でTシャツに印刷します。
印刷を学びながら、作業できるのは楽しいです☆

いきなりTシャツに印刷するのは、不安だらけなので
まずは、色画用紙に印刷します!^^
色は青の寒色系3種とパープル、ワインレッドを用意しました。

kami
作業着に着替えた工場長の辻ちゃんが、初シルクスクリーン印刷に挑戦!
よく練りあわせたインクを版の上に入れて、力強く印刷しました!!

insatu
インクジェットプリンタを使ったものとは全く違う、
鮮やかで力強い黄色が現れました!!!
ムラも無く、綺麗に印刷を出来たので皆で喜びましたー(^^)

gayoushi_insa
それから、次々と印刷していると色んな事が分かってきました。

1、力の入れ方を均等にしないと綺麗に印刷できない。
2、印刷を繰り返し行うと、シルクにインクが詰まりムラが出来てくる。
3、時間が経つと、インクが乾いてきて綺麗に印刷できない。

kami_narabi
結局、初めに印刷したのが1番綺麗に出来ていました!

画用紙に印刷するのは、みんなコツを掴んできたので
いよいよTシャツに1枚だけ印刷してみることになりました!^^

Tシャツをピンっと張り、シワを無くしてTシャツくんにセット!!
t1
ここでも工場長の辻ちゃんが挑戦することに。
少し緊張しながら印刷をしてみると、、、、、
t2
Tシャツに「真珠の耳飾りの少女」が綺麗に現れました☆
t3
t4
実際にTシャツに印刷してみると、また分かったことがあります。

4、画用紙の時よりも、インクが薄い色で印刷されてしまう。

hikaku
これは、とても悔しかったです(>_<)

今回のシルクスクリーン印刷で分かったことは

・インクジェットプリンタよりも綺麗な色で印刷できる。
・シルクにインクが詰まりやすく、ムラが出てくる。
・時間をかけるとインクが乾き、印刷が難しくなる。
・Tシャツに印刷すると、色が変わってしまう。

以上の4つのことです。

これらの事を踏まえて、改善点を考えていこうと思います。
またシルクスクリーン以外の別の方法が有るかも知れません!!

試行錯誤して、皆様に自信をもって紹介できるTシャツを
つくっていきます!!!!!

以上、初レポートのオオハシでした。
これからも、よろしくお願いします(^^)


コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.